無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
最近のコメント

2008年06月10日

がまかつ最大の軽量竿!

女性釣り師に大人気のがまかつ最大の軽量竿

「軽快にカゴを投げる」を基本コンセプトに開発されている竿『がま磯 カゴ ファインフォース』がまかつの竿の中でもほぼ一番といってもいいほどの軽量!

なのにとても頑丈なつくりが女性釣り師の中ではとても人気をよんでいます。

『細身・先調子の軽快遠投竿。』それが、カゴファインフォース 竿の一番の力点です。

がま磯 カゴ ファインフォース竿は、操作性抜群の先調子に仕上げられており、釣り人を選ばず(女性竿に好評!)重い竿とは違い、軽快に正確にカゴを飛ばすことが可能なんです。

もちろん何度も言いますが、軽量・細身がまかつ自慢の竿ですので、キャスト時の風切り性能は抜群でピンポイントへのキャストはもちろんの事、遠投性能も持ち合わせています。

重くて遠投が無理といっている女性のかたでもこの竿ならいつもの1.5倍は飛ぶと思いますよ!

この竿、細身ですが、青物とのファ イトにも十分なバットパワーを兼ね備えています。

青物や思わぬ大物にも真っ向勝負できるようにシートはラバー付きのスクリューシート、ガイドは軽快に遠投できるように大口径軽量ガイドになっていて、魚とのやり取りの際に腹当てとしても使えるよう、尻栓にはラバーを用いています。

火の打ち所が無い竿!

それががまかつの『がま磯 カゴ ファインフォース』です。


↓ New!! 細身・先調子の軽快遠投竿。  がまかつ がま磯 カゴ ファインフォース スピニング H 5.3
  
タグ :がまかつ竿


Posted by さんぺい at 18:27Comments(0)竿

2008年06月09日

がまかつの最高級竿とは?

がまかつの最高級竿が、INTESSAシリーズの竿です。

INTESSAシリーズの竿は「元祖」と呼ばれている「INTESSA」から、「SUPER INTESSA」、「INTESSA G-III」を経て、「INTESSA G-IV」へと至ってきたそうです。

みるからに最高という言葉、そしてがまかつという言葉が似合う竿。

10万円クラスの最高級ロッドは磯竿メーカーの花形にもなっていますね。

私だったら10万円クラスの竿を持っていても使えないかもしれないと思っていました。

それぐらい、がまかつの竿は貴重と思っています。

私も、今までの釣り歴でいろいろなメーカー各社の磯竿を使用してきましたが、お金と同等の成果が得れると感心させられたのは、やっぱりがまかつの磯竿だけですね。

他のダイワやシマノとは比べ物にならない。

釣りは、竿でなく、気分の問題や、場所の違いとだろうと思う人もいるでしょうが、私にとってがまかつの竿はどんな気分の時でもどんな場所にもいいように動いてくれる最高の竿なんですね。

今まではバラしにあうと、やはりこの竿は・・などとぼやいたりしていた私ですが、この竿にあったときはそうもいかない。

がまかつの竿のどこにも悪い点が無いからなんです。


↓ がまかつ(Gamakatsu) がま磯 カーエースペシャル 2.5−5.32P08522
  


Posted by さんぺい at 19:27Comments(0)竿

2008年06月08日

竿試しフィッシングトーナメントに参加?

がまかつでは新しい竿などが販売されるとそれに伴って、竿試しのような、フィッシングトーナメントが開催されます。

もちろんその新しい竿じゃなくてもいいのです。

だから、近くで開催されているがまかつの竿イベント(●●トーナメント)など、があれば、その新商品の竿が無くても参加できますので、ぜひがまかつの竿をもって参加してみてくださいね。

もちろん、がまかつ以外の竿では参加する事は出来ません!それは常識ですよね。

気になる参加日ですが1,000円(短期傷害保険、参加賞代)となっているので、そこまで気にする必要はありません!

貴方が持っているがまかつの竿や、リールなんかをもって、というか、普通に釣りに行く道具を持っていけばいいだけですね!


その竿のイベントには、大会規定があるので、大会規定もチェックしてみてくださいね。

1:ロッドはメーカーを問いません。
(2本までとしますが、同時に2本使用できません。)

2:フックはがまかつ製品を使用のこと。

3:ルアーフィッシングのみとします。

4:エサ釣り、引っ掛け釣り、ワーム、フライは禁止。トレーラー禁止。

5:その他、なら山沼漁場の規定に準じます。
  その他、詳細は当日発表します。
  
6:15歳以上の男女(中学生は不可)。
  但し、高校生の方は配布の同意書に記入し、申し込み下さい。


その他、詳細は当日発表いたします。

と、このように記載されています


↓ がまかつ(Gamakatsu) がま渓流 弧空2 硬調 5.4m 5.4m2P08522
  


Posted by さんぺい at 10:27Comments(0)竿

2008年06月07日

がまかつの竿でチヌを釣る!!

釣り歴2年にしてがまかつ竿を購入しました!

がまかつには昔からあこがれていたのですが、なかなか高くて手が出ませんでした。

竿なんて2万軽く飛ぶじゃん!って感じで。

今回私が購入したがまかつの竿は、『がま磯 チヌスペシャル 黒斬』 です。

がまかつの竿を購入する時にネットで見ていたら出てきたものの中で一番印象に残っていたので衝動買い!!

がまかつの竿はすべて釣れそうな気がするのですが、この竿、『がま磯 チヌスペシャル 黒斬』は、その中でも格別でした。

伝統の竿、「チヌ調子」を受け継いでいながらも、各継ぎ番の剛性バランスをさらに高め、極限まで「美しい円弧」を表現出来る竿それが『がま磯 チヌスペシャル 黒斬』です。

この竿で、チヌのタタキを抑え、しなやかな中にも 竿の持つ全体の粘りで大型のチヌを楽に浮かせることが可能となるのです!!

まさに夢の竿!

しかもこの竿、糸ガラミによるストレスを大幅に軽減したそうで、糸ガラミが多い私からするととてもありがたい竿!

調子だけではなく トータルで生まれ変わったチヌスペシャルの誕生です。


↓ NEW!!がま磯 チヌスペシャル 黒斬 F−53【送料無料!!】
  


Posted by さんぺい at 19:16Comments(0)竿

2008年06月06日

がまかつのタマン竿!

タマン竿は打ち込み釣り師の最初の目標竿ではないでしょうか・

それこそがまかつのタマン竿なんてすごい強力な武器でもあります。

大物釣り師には、頑丈で信頼できる竿が重要。

竿で魚が決まる、竿で、調子が決まるといっても過言ではないほど竿選びというのは重要です。

がまかつのタマンエックス竿は、私の一押しで、大型タマンを手中にするために開発された専用モデルでもあります!

ただがまかつの竿というだけでも、自慢になりますが、がまかつのタマン竿となると、本物な気がしてきますよね。

がまかつタマン竿は、がまかつ特有の粘り腰はもちろんのこと備わっており、竿の長さを4.5mに設定することにで持重りせず、竿を目標的確に、シャープに遠投することができます。

パワーと機動力を併せ持つ新感覚の竿は、がまかつのタマン竿、がまかつタマンエックスだけです!

実際にタマン釣りに使用しても、竿全体がしなる調子に仕上っているので、その全体の反発力で遠投するのも楽にできます。

この竿で、70cmクラスの大型タマンに相対した時でも、全体で受け止め、獲ることができます!!

とくに私が気にするところは尻栓なのですが、この竿は、尻栓が大型になっており、ファイトの際に腹当てとして使用できるようになっていてバランスもとりやすくなってます。


↓ がまかつ(Gamakatsu) がまかつ 沖縄スペシャル 10号 5.0m2P08522
  


Posted by さんぺい at 19:06Comments(0)竿

2008年06月05日

がまかつのロッドケースは最高ですね!

釣り具のメーカーがまかつは知ってますか?

その中でも注目して欲しいのはがまかつのロッドケースです!

とくにがまかつ竿をすでに持っているという方には絶対ロッドケースもがまかつにしていただきたいものですね。

まっ、3,000円のロッドケースから、がまかつの釣具が出てくるというのもかっこいいのですけどね。

お高いものはお高いものでちゃんと保護してあげたほうが一番いいかと思います。

私ががまかつが好きな理由名一つに色! というのもあります。

がまかつの黒! やっぱりトップでシブイです!

ただの黒だけなら結構色々あるのですが、がまかつ独特の赤のラインや、ネームがはずせたりするところどこをとってもがまかつのロッドケースはやはりシブイ!!

それでもさすがに、上から下までがまかつとなると、どっかのクラブかと間違えられそうですが、見栄えはともかく、機能性やタフさと言うものを考えると、ロッドケースはやっぱりこだわっておきたいものだと思います。

ダイワやシマノのロッドケースも確かにグーですが、がまかつ竿を使用する人はやっぱりがまかつで行きたいと思う人が多くて当然だと思います。

がまかつの竿は人気のがまかつのロッドケースでちゃんと保護してあげてくださいね。


↓ がまかつ 成型ロッドケース GC-219 【送料無料】
  


Posted by さんぺい at 19:02Comments(0)ロッドケース

2008年06月04日

がまかつのロッドケースは防水かな?

がまかつロッドケースの購入を考えているのですが、調べていると、がまかつのロッドケースが完全な防水加工ではない事がわかりました。

今までがまかつの商品も持った事の無い私なので、とても有名すぎて完璧なものだと思っていました。
やはりロッドケースの完全防水加工は無理ですよね。

とりあえず、簡易的な防水加工はしているようで、YKK止水ファスナーの採用でファスナー部からの水の浸入を防いでくれるそうです。

ロッドケースの本体へのファスナーやサイドポケットの取り付けもすべて縫製ではなく溶着加工を施しさらに防水性を強化しているようなのである程度の防水性はあるのだと思います。

そのほかにもロッドケースは釣りの道具入れ、汚さないよう気をつけていても汚れてしまったり、汚れが気になったりがあると思いますが、がまかつのロッドケース本体は汚れを落としやすいターポリン生地を使用しているらしいのでそこら辺も安心して思いっきり持ち歩けるようです。

シブキのかかる渡船時や雨中の釣り等でも気にならずさまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。岩やがけなどで傷ついたり破損したりするロッドケースの底部も強度アップしているので、外部からの衝撃耐久性がアップ!!


↓ がまかつ(Gamakatsu) GC−218 鮎ロッドケース カーボンブラック2P08522
  


Posted by さんぺい at 19:13Comments(0)ロッドケース

2008年06月03日

ロッドケースの購入を考える

がまかつロッドケースを考えている方は購入するところを考えたほうがいいですよ。

がまかつの公式ホームページから購入するよりも、楽天や、個人サイトから購入するほうが安いことがありあます。

がまかつのロッドケースなら私が今まで見てきた中で一番やすかったのは、楽天でしょうか。

20,000円のロッドケースが、18,000円になってたりしていました。

今までは安物の5,000円ほどのロッドケースばかり使用していたのですが、やはりがまかつのロッドケースは違いますね。

機能でも、性能でも、質でもやはりがまかつのロッドケースです。

安物は傷つくのが怖くないし、どうせ安物だから〜などと扱えるところがいい点だと私は思っていますが、というか、そこしか良い点はありません。

べつに乱暴に扱うわけじゃなければ、ちょっと性質のよいロッドケース、それこそがまかつのロッドケースの購入をお勧めしますね。

購入の時はがまかつのロッドケースは高いと思ってしまうかもしれませんが、購入してみると、あの性能や機能的なことに驚き、その値段でも納得してしまうと思います。

実際がまかつを購入している人はみんなそうだと思っています。


↓ がまかつ(Gamakatsu) GC−210 振り出し投げ用ロッドケース ブラック2P08522
  


Posted by さんぺい at 18:50Comments(0)ロッドケース

2008年06月02日

がまかつの大型竿用ロッドケース(GC-226)

がまかつロッドケースは20000円代から購入する事ができます。

楽天や、オークションなどからの購入だともっと安くでも購入する事が出来ると思います。

私的に、ロッドケースは、長持ちするものよりも、整理しやすかったり、機能がよいなどの事が一番だと思います。

がまかつの大型竿用のロッドケースは、クエ竿、石鯛竿、投げ竿等の仕舞い寸法の長い大型竿の収納に最適です!!

せっかくロッドケースを買ったのにお気に入りの竿が入らなかったりだと意味がないですものね。

やっぱりロッドケースは長さや幅にも気をつけて購入して欲しいものです。

がまかつの大型竿用ロッドケースGC-226は、本体生地は強度に優れていて、水・汚れに強いP.V.C素材を採用したものになっているので、優れた耐久性を発揮します。

また、傷や、破損の一番の原因の底には樹脂製成型カップを使用し外部からの衝撃に対する保護性を高めるばかりでなく、滑りにくさも実現しているようです。

他にもこのがまかつの大型竿用ロッドケースGC-226は、なんと、タモ固定ベルト付になっているので、安心。底部内補強は内側が硬く、4角部が柔らかい2硬度仕様で、ケースの滑りまで防ぎます。

詳細のほうを下に乗せておきますね。
がまかつの大型竿用ロッドケースGC-226
素 材: 〈本体〉P.V.C
サイズ: 1650×120×75mm
重量: 3.2kg


↓ NEW!!がまかつロッドケース(大型竿用)GC-226
  


Posted by さんぺい at 19:10Comments(0)ロッドケース

2008年06月01日

がま磯ロッドケース GC-223について

がまかつがま磯ロッドケース GC-223は、2008年モデルになっているので、新商品!!値段もがまかつにしては手ごろな20,000円台になっています。

最近ロッドケースをなくした私は、近くのつりぐ屋さんで、安い3,000円ほどのロッドケースを購入したのですが、やはり安物のロッドケースはあまりよくありませんね。

機能性もあまりなく、竿じたいにも、傷がついてしまったり、安定感がありません。

そこで、このがまかつがま磯ロッドケース GC-223に目をつけたのです。

もう購入している方もいるかもしれませんが、結構このロッドケース機能的にも、安定感も非常に良く出来ています。

がまかつがま磯ロッドケースは、生地強度に優れる P.V.C素材を採用していて、生地を触っただけでも、安物とは違う事がわかります。

それに、がまかつがま磯ロッドケースは、外部からの衝撃などがあっても、内部の竿をしっかりと保護してくれて、よくロッドケースごと車に置いてしまう私にとってはうってつけです。

素材となっているP.V.C素材は水や汚れにも強くなっていて、ロッドケースが汚れてしまっても汚れを簡単に落とせます。

一番の見所は、このロッドケースのフロントポケットです。

フロントポケットは内部本体側のファスナーを開けることにより、ケース本体とつながり、リールをセットしたままの竿の収納が可能になっているのです。

急な釣り場の変更にも楽に移動できます。

このロッドケースの外見は、本体周囲には光の当たり方で反射色が変化する特殊パイピングを採用しており、底部は外部からの耐衝撃性を高める 樹脂成型カップを使用されています。

購入を考えている方は楽天などからのお買い求めがいいですよ!


↓ New!!   がまかつ がま磯・ロッドケース GC-223
  


Posted by さんぺい at 19:27Comments(0)ロッドケース

2008年05月31日

がまかつラグゼでライトゲームをしちゃいます!

最近購入したがまかつラグゼ(ラグゼ デッキステージ エルドノット)はフォール中のバイトを逃さず察知してくれて、掛けにくいパターンで活躍するモデルになっています。

これまで、釣りと言うと、がまかつのタマン竿しか使用して無かった私ですが、ラグゼに魅了され、初めてジギングをしてみました。

それほどラグゼの魅力はものすごいのです!!

ラグゼは、ファストテーパーの高感度ブランクスはすかさずフッキングに持ち込めるレスポンスの良さを備えていて、フッキングが苦手な方でもラグゼならいけます!!

場所に応じた動きをしてくれるラグゼは、潮流が速い深場のフィールドでも、よりヘビーなジグを使用したい状況にも対応していて、感度を 失いません!

場所が変わったら下手くそって一番かっこ悪いですからね!

ラグゼの一番の魅力は、鯛ラバです!

鯛ラバでは、高活性な反転するイトをカウンターフッキングできるバットパワーを備えているので、何も心配せず自分の思ったことをしてくれます。


↓ がまかつ(Gamakatsu) LUXXE デッキステージ エルドノット 63ML−R 6.3FT
  


Posted by さんぺい at 11:10Comments(0)ラグゼ

2008年05月30日

がまかつ ラグゼ発売してます!!

釣りといえばがまかつ!!がまかつといえば・・・ラグゼですね!!

今はがまかつの『ラグゼ デッキステージ エルドノット』が来てます!!

がまかつ公式ページでラグゼを発見!!

『オフショアに映える確かな存在感とすり舞うなフォルム。

タチウオジギング、真鯛、ラバージギングなど、ライトゲームを楽しむ為の専用設計。』

それが『ラグゼ デッキステージ エルドノット』です。

ラグゼの何がいいかって?

私はがまかつであれば何でもいいのですが! (笑

がまかつのラグゼだと、初心者でも上手くジギングできること間違いなしです!

今までの発売されてきたものもすべてそうですが、がまかつは本当に初心者〜プロまでだれでも合う使い勝手の良い商品だと思いますね。

軽量なのに頑丈な設計の『ラグゼ デッキステージ エルドノット』!

ラグゼのデザインも、がまかつらしいシンプル&クールって感じになっています。

バネのようにしなるラグゼでジギング・・

今までよりもはるかにエギの泳ぎ方が違うでしょう。

発売されたと同時に『ラグゼ デッキステージ エルドノット』購入を!!
と思っていたのですが、やはりがまかつは高級ですね。


↓ がまかつ(Gamakatsu) LUXXE デッキステージ エルドノット 63M−R 6.3FT
  


Posted by さんぺい at 19:11Comments(0)ラグゼ

2008年05月29日

がまかつ ラグゼの性能は

がまかつ『ラグゼ デッキステージ エルドノット』知ってますか?

釣り有名メーカーがまかつから発売されている新ブランドです。

『ラグゼ デッキステージ エルドノット』は、通称『ラグゼ』といわれています。

その細身・軽量ブランクスにチタンガイドを搭載した軽量高感度設計がラグゼの魅力になっていて、ラグゼを持っているだけで、デッキステージでひときわ目を引くであろうカラーとデザイン!

さすががまかつです。

ラグゼを軽快に操り、魚信を感じ、やり取りを楽しむ・・・それが、がまかつ釣り氏。

メタルジグで狙うか、鯛ラバで狙うか自分の好みでラグゼを使い分ける。

あらゆるターゲットに、あらゆるポイントでオールマイティに使えるオフショアライトジギングロッド。

『ラグゼ デッキステージ エルドノット』は完璧です。

ラグゼは全体的にライトになっているので、ライトならではの細糸での攻略がよりスリリングなものになると思いますよ。

ラグゼの性能は釣り好きなら誰でもわかっているでしょうけども、どんなものでもがまかつが販売しているというだけでも結構保障になっている気がしますよね。

がまかつファンにはたまりませんね!


↓ がまかつ(Gamakatsu) LUXXE デッキステージ エルドノット 63MH−F 6.3FT
  


Posted by さんぺい at 18:52Comments(0)ラグゼ

2008年05月28日

がま磯 INTESSA G-IVとATTENDER

がまかつアテンダー最高のしなり・・・

ATTENDERからINTESSAG4へ、という事で、幾度となくがまかつはブランド竿にもなりかねる竿を発売してきましたが、このアテンダーは最強。


私は、今までINTESSAを使用していたので、確かにINTESSAを使用した後にアテンダーを使用すると、INTESSAよりはアテンダーのほうが竿が軽い感じがしますけども、そこまではあまり変わらないのかもしれませんね。

アテンダーまでも、上回るのがINTESSAだと思います。


それでもやはり新しいもの見たさ・・アテンダーも購入してしまいました。

アテンダーのよさ、それは、胴までも曲がるしなりと5.3m全身バネで耐える・浮かせる力です。

食い込みのよいのでとくに磯では大活躍でした。

穂先を装着、食い渋る磯で誘いを仕掛ける釣りに最適だと思いますね。


アテンダーのメーカー価格は、70000円〜82000円となっていて、0.8号から、2.25号まであります。そこらへんのショップでは高いわりには売り切れが多いという感じになっているので今非常に売れているんでしょう。

アテンダーにはそれぐらいの価値はありますよ。


↓ がまかつ(Gamakatsu) がま磯 アテンダー 2.25号−5.3m2P08522
  


Posted by さんぺい at 19:16Comments(0)アテンダー

2008年05月27日

がまかつの竿の魅力

がまかつの竿の魅力ってなんでしょう?

がまかつの真骨頂である「きれいに曲がる」「粘る」「浮かせる」を最新の技術と素材の組み合わせたのががまかつのアテンダー

私はアテンダーががまかつの集大成だと思っています。

アテンダーは、魚が掛かれば胴まで曲がるアクティブサスの基本性能は同じに、アテンダーを使用する、釣り人の意のままに魚の引きと鼓動を十二分に味わえるロッドになっています!!

アテンダーのその綺麗なデザインが注目を呼んでいます。

がまかつなので気になるお値段ですが、こんなに素晴らしいアテンダーがそんな安いわけがありませんよね。

もちろんそれなりにお高くなっています。


↓ がまかつ(Gamakatsu) がま磯 アテンダー 0号−5.3m2P08522
  


Posted by さんぺい at 19:03Comments(0)アテンダー

2008年05月26日

がま磯アテンダーの性能はすごい

がまかつアテンダー最近から試験的に使用しています。

がまかつが、非常に柔軟性にこだわったというアテンダーですが、高くてとても手が出ないので、友達とワリカンにして、試験的に使用。その後購入しようと考えていますが、一度使用したときかアテンダーのすごさに圧倒されて、それ以来やめられません。

アテンダーは、より小口径で前傾化された穂先ガイドになっているので、始めてみる方でもとても細かい繊細なガイドだという事がすぐにわかると思います。

アテンダーのガイドには、(チタンフレーム、SICリング使用)と元上部に装着し、フリーガイドを設定することにより、遠投性とバランスが向上したという事です。

これは私も実践ずみですので保障できます。

また、初心者に多い、ガイドがバラバラにセッテングされるケース。

それを気づかないままでいると、遠投なんてできませんよね?

そんな人のためにアテンダーは、ガイド合わせマーク付きですので、竿のセッティングがとてもスムーズにしかも正確にできます

その他の注目点といえば、凹凸加工でしょうか、アテンダーには凹凸加工を施したノンスティック(特殊塗装)があり、ラインの竿へのベタツキを防ぎ、飛距離や仕掛けの操作性を飛躍的に向上させてくれます!


↓ がまかつ(Gamakatsu) がま磯 アテンダー 1.25号−5.3m2P08522
  


Posted by さんぺい at 19:09Comments(0)アテンダー

2008年05月25日

がまかつアテンダーのお勧めは

私が一番がまかつブランドの中で誇り高く思っている商品。

それが、がまかつのアテンダーです。

アテンダーは、本来のがまかつ磯ロッドの真骨頂とも言われている竿なのですが、竿の基本柔軟、力強いというキーワードがすごく良く似合う竿になっています。

「キレイに曲がる」「粘る」「浮かせる」それぞれを最新の素材とブレーディング技術により高い次元で実現させた次世代の細仕掛対応モデルそれが、『アテンダー』です。

繊細さを極める「がま磯アテンダー」は、ハリスをいたわりつつも、胴までも曲がる弓のような弾性とパワーで大物をじわじわと浮かすその釣り昧は圧巻。


折れるのではないのか?

という緊張感が初釣り日には味わえるでしょう。

アテンダーの基本理念である、がまかつ独自のトータルバランス設計が曲がる竿が柔らかい、魚が 浮かないという定説を一蹴したそうです。

アテンダーは、先抜けが良く、魚が掛かれば曲がるアクティブサスデザインの基本性能は同じに、トーナメント的釣法が主流のなかで、アテンダーを使ってのトーナメントにおける数釣りはもちろん、極細仕掛けを駆使し、釣れない大物を海面まで浮かせ取り込む、釣り人の意のままに魚の引きと鼓動を十二分に味わえるロッドになっています。


↓ がまかつ(Gamakatsu) がま磯 アテンダー 2号−5.0m2P08522
  


Posted by さんぺい at 10:19Comments(0)アテンダー

2008年05月24日

がまかつのアテンダー見つけました

がまかつアテンダー見つけました!

発売前から注目していたのですが、とうとう発売されていますね。

がまかつファンならアテンダーの見逃さずに即購入が決まりです。


アテンダーの仕様についてですが、

全長:5.0m
標準自重:265g
仕舞寸法:111.0cm
素材:(カーボン)99.1%、(グラス)0.9%
モーメント:29.2
継数:5本
先径:1.4mm
元径:25.0mm
錘負荷:2?7号
適合ハリス:2?6号

全長5メートルって結構な長さですが、アテンダーはその長さを思わせないほど、思った以上に軽くなっています。

アテンダーなら女性でも無理なく遠投できるのではないでしょうか?

がまかつファンの間でも結構話題になっているのが、アテンダーのガイドです。

アテンダーのガイドは非常に細かく、繊細になっているのです。

またガイドをまっすぐに並べる事が出来るように、マークまで付いているので、いつもガイドがゆがんで並んでしまうというかたもこれで安心ですよね。

高性能のアテンダーなので、しなりがよすぎて、折れると思ってしまう人までいるそうです。

それもそうですよね。

胴までしなる!曲がる!のがアテンダーなんですから。


↓ がまかつ(Gamakatsu) がま磯 アテンダー 1.25号−5.0m2P08522
  


Posted by さんぺい at 22:54Comments(0)アテンダー